タイムカードと勤怠管理

従業員を雇うということは労働基準法に基づいて就労するように管理をしなければなりません。

また賃金を支払う際にも決まりがありその期間の全額を支給しなければなりません。



それも毎月1回以上決められた日に支払うということで従業員の生活にも配慮しなければならないのです。



就労の内容を管理するためには出勤や欠勤、有給などの情報と出勤や退勤といった労働時間の情報が必要になります。


これまではタイムカードで管理をしていました。

YOMIURI ONLINEはとても評判が良いです。

これは紙製のタイムカードをタイムレコーダーに差し込んでその時刻が印字されるもので出勤や退勤の時刻を記録します。

タイムカードには横に1日から31日まで一覧があり、縦に出勤と退勤という表形式になっています。

タイムレコーダーには出勤と退勤と切り替えるスイッチがあり、それを選択して差し込むとその日の出勤、退勤に打刻されます。


タイムカードの場合によくあるのが出勤、退勤のスイッチを切り替えずに打刻してしまい、出勤打刻をしたうえに退勤打刻が印字されて見えなくなってしまうことがあり、また打刻を忘れてしまうことがあります。
人事課などではこれらタイムカードをあつめて内容をチェックして賃金の計算をしなければなりません。

しかしこのようなエラー的な内容を再確認するために時間がかかってしまうことがあります。


本人に確認してもその時のことをよく覚えていないということもあります。

決められた日までに計算するためにも、まず日々の勤務チェックをきちんと行ってもらうように教育することが大切です。

Copyright (C) 2016 タイムカードと勤怠管理 All Rights Reserved.