タイムレコーダーの進化

タイムレコーダーはかなり性能が高くなっています。
打刻する、と言う根本的な機能には特に違いはないです。

それが電子的になっているのです。



IDカードなどを活用したタイムレコーダーが今の主流になりつつあります。

また、クラウドシステムを活用したタイムレコーダーもあります。

そもそもタイムレコーダーは何に使うのか、といいますとそれは勤怠管理です。


勤怠管理と言うのは、つまりは出勤や退勤、早退、遅刻などの記録を取るための機械です。

コトバンクに関する情報が満載です。

昔のほぼ原始的な打刻式の物も実はかなり使いやすいです。

誰にでも使いやすい、というメリットがありますから、今でも使っているところはあります。


但し、やはり管理が効率的に出来るかどうかに関しては、完全にコンピュータで把握できるほうが楽です。



時間の打刻を紙にするタイプは、その後の計算が途轍もなく面倒です。
使う側としては入れるだけであり、わかりやすいので使いやすいですが、管理する側としてはその後、給料計算の為に色々と打ち込みをしないといけないようになります。これが事務の手間になりますから、あまりにも非効率的になる場合があります。


十数人のデータであれば、一人の事務員でも出来ることですが、大企業ともなりますと物凄く手間になります。


工場などのような大人数が一気にタイムカードを使うような場合は、とにかく効率的に打刻できるタイムレコーダーを導入するべきです。

可能であれば、機械式でもIDカードの物にしたほうがよいです。


Copyright (C) 2016 タイムレコーダーの進化 All Rights Reserved.